サンエス工業株式会社

製品案内

マイクロセパレータ
Micro Separator

特長

  • 永久磁石に特殊組立てを施し、高く広い有効磁場を形成します。
  • 永久磁石使用によりランニングコストが不要です。
  • 油中の微小汚染物の凝集・沈殿を促進します。
  • 特定の条件により、非磁性体をも凝集・沈殿します。

汚染管理ツール

対象となる機械の機能に悪影響を与えるすべてのコンタミナントやエネルギーの作用を排除し油の劣化を防ぎ最高の機能と生産性を維持・継続させることで、省エネ・省保全を実現します。

 

 ※ タンク内取り付けの際の注意点
マイクロセパレータの中には磁石が挿入されている為、稼働中にタンク内で移動することはありません。
しかし、運搬中の振動及び衝撃による移動が予想される為、タンク内に固定用ストッパーを設け、取り付けることをお勧め致します。

製品情報

マイクロセパレータ MSR型

型式

サイズ

重量

耐熱温度

MSR-200型

200×140×40mm

4.05Kg

80℃

仕様図はこちら

MSR-200H型

200×140×42mm

5.05Kg

150℃

仕様図はこちら

ページトップへ▲

マイクロセパレータ MSD型

型式

サイズ

重量

耐熱温度

MSD-100型

100×100×30mm

1.14Kg

80℃

仕様図はこちら

MSD-100H型

100×100×31.5mm

1.26Kg

150℃

仕様図はこちら

ページトップへ▲

マイクロセパレータ MSB型

型式

サイズ

重量

耐熱温度

MSB-110型

110×60×30mm

0.65Kg

80℃

仕様図はこちら

MSB-160型

160×60×30mm

1.02Kg

80℃

仕様図はこちら

MSB-210型

210×60×30mm

1.38Kg

80℃

仕様図はこちら

MSB-260型

260×60×30mm

1.70Kg

80℃

仕様図はこちら

ページトップへ▲

マイクロセパレータ MSC型

型式

サイズ

重量

耐熱温度

MSC

φ54×22mm

0.20kg

80℃

仕様図はこちら

ページトップへ▲

■マイクロセパレータ関連商品

マイクロセパレータMSR用ホルダー

型式:R-(図面任意寸法)【例:R-60】
寸法などは参考図面の任意寸法をご指示下さい。
その他MSD-100型用も御座います。


仕様図はこちら

マイクロセパレータ用ケース

型式:L=(図面任意寸法)【例:L=300】
寸法などは参考図面の任意寸法をご指示下さい。
その他MSD-100型用も御座います。


仕様図はこちら

ページトップへ▲

■クリーニングタンクシステム

 このシステムは、1963年新日本製鉄(株)と当社の共同研究によって、機械のトラブルが相剰的に作用する微小・微量のコンタミナントによって発生することに着眼し、独自の汚染管理方式(マイクロセパレータの磁場を利用して、油圧・潤滑タンクをクリーニングシステム化する方法)を開発しました。

 生産機械設備の油タンクの構造・容量を正常化し、油タンク内にマイクロセパレータを装備して、油圧作動油・強制循環潤滑油等の清浄度を長期間安定維持することにより、機械設備の故障防止・設備機能の維持及び製品品質の安定をさせることができます。

クリーニングタンクシステムの油タンク基本構造

1.油槽構造を長流鎮静型とし、油を回復させる仕切り板を設け、生成異物の沈殿・放熱を促進します。
2.サクションポートを流路の一端部に設け、反対側端部に各部位よりのリターンポートを集め、その開口部は油槽壁面に向けて気泡の巻き込みを防止し、流路の鎮静部を長くします。
3.槽内油量を鎮静可能量とし、Q/P比率はできるだけ大きくします。(Q:タンク内油量、P:ポンプ吐出量)

クリーニングタンクシステムのメリット

  • 従来のフィルタ方式では分離できなかったスラッジを処理し、循環を阻止します。
  • 別途にクリーニング回路を加える事なく、原則として装置に属するタンク内で油を浄化します。
  • 特別な動力・消耗品・点検作業等のランニングコストは不要です。
  • 高度の汚染管理により、作動不良や、焼付・シール破損・油もれ等の機械トラブルをなくします。
  • 油や動力消費量、保全費等を軽減しメンテナンスフリーを実現します。

お問い合わせはこちら


PDFファイルの表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。
インストールされていない場合は左のリンク先からダウンロードしてください。